海外在住.com 海外に住む日本人のためのブログ

海外在住者、移住者の皆さん、海外広いとはいえ日本を恋しく思う気持ちは同じ!日本を離れているからこそ必要になってくる情報をシェアできたらと思います。

銀行、送金、引き出し

持っておくべき日本の銀行口座

投稿日:2015年1月19日 更新日:

日本にいないとはいえ、全財産を持って出て行くわけではないので
日本の銀行口座は何かと必要ですよね。というか、そのままにして行く人も多いんじゃないでしょうか。

ネットショッピングしたときや一時帰国時のお金、
クレジットカードの引き落とし、年金や保険料の支払いなど、何かと必要になってきます。

日本の銀行口座に預けたお金を海外のATMで現地の通貨で引き出すこともできるので、
ネット取引や海外での引き出しに便利な銀行が良いですよね。

こういった比較はすればするほど分からなくなってくるので2つにしぼって書きますね。

スポンサードリンク

私がもう何年も愛用しているのが、新生銀行と楽天銀行(旧イーバンク銀行)です。

新生銀行

通常の(日本で使用するのと同じ)キャッシュカードで海外のATMからも引き出しできます。
キャッシュカードも無料で発行できてで引出手数料も掛からないので、
多少為替レートが悪くてもいいかなと思ってます。
ネット銀行だけど店舗も主要都市にあるのも安心です。
また、条件次第で振込手数料が月3回~10回まで無料なので、
何か振り込む用事があるときは新生銀行の口座から振り込むことにしています。

楽天銀行(旧イーバンク銀行)

ネット銀行なだけあってネットでの取引に最適です。
メールアドレスで振り込みや、最近はFacebookで送金なんかもできるようです。
振り込み手数料も断然安い上、楽天市場の買い物で貯まったポイントを振込手数料として使えます。

そして、特筆すべきは、海外送金手数料が750円と安いこと!
私も少額(30万円以下)なら新生銀行のキャッシュで引き出すんですが、
それ以上のまとまった額だと海外送金した方が総合的にロスが少ないことがあります。

海外送金手数料は通常6,000円~8,000円くらいするので、750円は破格ですね。
海外中継銀行手数料を送金時に負担すればプラス1,000円ですが、それでも安いです。

まだ口座をお持ちでない方はこちらから口座開設できます。

まとめ

私の場合ですが、
・現地ATMで少額の引き出し⇒新生銀行のキャッシュカード
・日本国内での振り込み⇒ネットで新生銀行または楽天銀行から
・日本から現地に送金⇒楽天銀行の海外送金

というように2つの銀行を使い分けていて、どちらも本当に重宝しています。
おすすめですよ♪ 海外送金について詳しくは下の楽天銀行公式ページをご覧下さい。

スポンサードリンク

-銀行、送金、引き出し
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

日本からお金を持っていく一番良い方法

海外在住が長く現地での収入がある方は別として、 日本からお金を調達してくることって多いですよね。 為替レートは変動するので結局のところ「どのタイミングで両替するか」ですが、 それでもレートの良い(かつ …

何をお探しですか?