パスポートの更新や新規取得

NO IMAGE

海外滞在中にパスポートの有効期限が切れることもあるでしょう。
そんなときわざわざ日本に帰る必要はなく、現地の日本大使館や日本総領事館で
更新または新規発行できることが多いです。

その場合の注意点や必要書類をまとめてみました。

まず注意したいのは、滞在許可であるVISAを持っている場合は、
新しいパスポートになったときにイミグレーション(入国管理)で貼り替えてもらう必要があります。
古いパスポートは返納するよう言われますが、VISAなど必要ページがある場合は、
その旨伝えると、必要ページ以外に穴を開け失効処理して返してくれます。

パスポート発給に必要なものは、切り替え・新規発行ともに

・一般旅券発給申請書 1部 (大使館などでもらえます。)
・戸籍抄本(又は謄本) 1部 (申請前6ヶ月以内に取得したもの。)
・写真 2枚 (縦4.5 cm x 横3.5 cm : カラー、白黒どちらでも可。申請前6ヶ月以内に撮影したもの。)
・有効なパスポート原本 (切り替え時に返納、失効処理する必要があります。)

既に海外にいるので「期限切れで新規発行」なんてことは無いと思いますが、
例えば、紛失や盗難、焼失した場合は新規発行になります。
切り替えは、有効期限が1年未満になった場合以外に、「ページを増やしたい」「損傷した」
などの理由で切り替えすることができます。場合に寄っては
旅券損傷に至った理由書や警察署の発行した証明書などが必要な場合もあります。

発行手続きする大使館や領事館でも確認されることをおすすめします。

海外にいるからにはパスポートが唯一の身元証明、IDカード代わりにもなるので、
管理にはくれぐれも気を付けたいものですね。
国によっては(多分殆どの国で?)外国人はパスポートの携帯が義務付けられていることもあります。

ごあいさつカテゴリの最新記事